園の特色

なぎさ幼稚園で育てる3つの力~それは生涯使い続ける力~

発見する力、思いやる力、頑張りぬく力

1 発見する力

喜ぶ・驚く・何事にも興味を持つ子

子どもたちの素直な心の芽生えを見逃さず成長へと導いています。
心の芽生えを見つけ、伸ばす事こそ幼児期に大切な事なのです。

なぎさ幼稚園 発見する力

2 思いやる力

なぎさ幼稚園 思いやる力

友達を思いやる・助ける・人に愛情を持って接する事は大切です。

感謝の気持ちが素直に言葉に出来る子
人助けが自然と出来る子
思いある事が出来る子

人間力を大切に育んでいます。

3 頑張りぬく力 (諦めない気持ち)

何事にも興味を持ち、積極的に行う姿勢
一人ひとりのチャレンジ精神の育成

『やりたい』気持ちにさせる事が大切だと考えます。

なぎさ幼稚園 頑張りぬく力 (諦めない気持ち)

戸外遊び ~どろんこ遊び編~

なぎさ幼稚園の子ども達は戸外遊びが大好き!!
自慢の広い園庭で毎日元気に走り回ります。

夏の遊びの一つに『どろんこ遊び』があります。
暑い夏!天気の良い日は戸外で元気に『どろんこ遊び!』
そんな活動がなぎさ幼稚園の特色の一つです。
そもそも、『どろんこ遊び』とは砂遊び同様に子どもたちに好まれる遊びの一つで、特にルールの存在しない一人遊びの一種です。
泥は水や地面(露出した土)があれば全てそれらが素材となる為、雨が降った後やお水を撒いた際に出来上がる泥は子どもたちにとって格好の玩具となるのです。
『どろんこ遊び』は、大人の目からすると汚らしい遊び・・と思われてしまうかもしれませんが、衛生仮説などではこういった子ども時代の少々不衛生な環境は体の免疫を鍛え強化するのに有効だと言われています。
『遊んだあとは手をきれいに洗いましょう』
なぎさ幼稚園でも徹底しておりますが、”自分で衛生を管理する”という教育、いわゆる躾を行う絶好の機会とも言えます。

どろんこ遊び 011

どろんこ遊び 007

戸外遊び ~砂場遊び編~

もちろん、『砂場』での遊びは『どろんこ遊び』だけではありません。
おままごとやお山作り等など、砂場という小さな空間で子どもたちは沢山の事を学びます。

ロバート・フルカムの著書『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』の中にある言葉の通り、何でもみんなで分け合うこと。ずるをしないこと。人をぶたないこと。使ったものはかならずもとのところに戻すこと。ちらかしたら自分で後片づけをすること。
人のものに手を出さないこと。誰かを傷つけたらごめんなさいと言うこと――。

‘本当に知っていなくてはならないことを、わたしは全部残らず幼稚園で教わった。
人生の知恵は大学院という山のてっぺんにあるのではなく、日曜学校の砂場に埋まっていたのである’

その通りだと考えます。
砂場は、これから未来を担う子どもたちが最初に踏み出す社会なのかもしれません。
その中で、どんな会話が繰り広げられ、そしてどんな物語が始まっているのでしょう・・・
私たちなぎさ幼稚園の職員は、そんな日々の成長を一つひとつ見守り大切にしています。

戸外遊び ~砂場遊び編~ その1

戸外遊び ~砂場遊び編~ その2

砂場遊び

リトミック

リトミック活動

リトミックは豊かな人間をつくる為の土壌です。
ピアノのリズムに合わせて歩いたり、ジャンプしたり、静止したりする事で手足のコントロールを身につけます。
リズム感だけでなく、筋肉を発達させるような運動能力も身につけ瞬発力を養います。
我慢できる忍耐力、強い心、やる気を育て、楽しみながら自己を表現する力を養います。

英語指導

英語指導

「楽しく・讃える・伸ばす」をモットーに遊びで身につく英語指導を行っています。
座って覚えるのではなく、楽しく体を動かし、遊びの中で英語を身につける活動を全学年に取り入れています。
ほめて、讃えて、認めて、子どもを伸ばすことが、ピーター先生、ライアン先生の園児や我が子への教育方針です。
子どもたちも、英語の時間が大好きです。

Azalee EnglishというYouTubeチャンネルを始めました!

YouTubeにたくさん載せてますので、ぜひここにクリックして楽しんでください!

園のプレイリストもあります。これはなぎさ幼稚園のプレイリストです: Azalee’s Nagisa Kindergarten Superstars!

専門体育

専門体育

幼児期は神経系の発達段階から考えて器用さを習得しやすい大切な時期です。
器械体操、鉄棒運動、陸上運動などを通して「できない」から「できる」までの過程を大切にし体の成長だけでなく、心の成長も見守っています。


AKV活動(アゼリーキッズボランティア)

なぎさ幼稚園では、子どもたちの小さな手で出来る『地域社会への貢献~ボランティア活動~』に力を入れています。

1. エコキャップ運動

ペットボトルのキャップは800個集まると『ポリオワクチン』を1本購入する事が出来ます。
ポリオワクチンの注射1本で1人の子どもの命を救う事が出来ます。
小さなキャップを通して未来の地域環境を考えたり、限られた資源を有効に活用する事を子どもたちと一緒に考えています。

2. 公園をきれいにするプロジェクト

直接体験、その3

江戸川区環境財団の方と一緒に、大好きな公園のゴミ拾いをしたり、
花壇の花の植え替えをお手伝いしたり、いつもお世話になっている、
公園に感謝の気持ちを持って活動出来る様促しています。
子どもたちは公園の清掃や、花の植え替えをする事で、公園がさらに綺麗になり、達成感を味わいます。
そして沢山の人に『ありがとう』の言葉を掛けられ、自分たちの活動が認められた事で、自信を持つことができると共に、次への意欲が高まります。
子どもたちの頑張りは、広報誌にも掲載されました!!

地域社会への貢献

毎年、勤労感謝の日に地域の方へ『感謝の気持ち』を届けています。
毎日、安心して生活できるのも、地域の方が見守っていてくれているからです。
日頃の感謝の気持ちを伝える為に、子どもたちは力を合わせてプレゼントを作ります。
手作りプレゼントは、年長組のお友達が代表して、各施設へ届けて回ります。
警察署・消防署を始め、園医の先生の病院や地域の自治会等・・・。
施設の方に感謝の気持ちを伝えると、逆に『ありがとう』の言葉が沢山返ってきて・・・。
とっても嬉しそうな子どもたち。
子どもたちにとって、大切な体験となっていることは間違いありません。
人に気持ちを伝えると、必ず自分に返ってくるという経験の積み重ねはとても大切ですね。
これから生きていく上での大きな糧になっている事でしょう。

地域社会への貢献 その1

地域社会への貢献 その2

地域社会への貢献 その3

地域社会への貢献 その4


一つ前のページへ戻る

入園をお考えの方